【こども支援】新型コロナウイルス感染拡大防止のための留意点について

 「新型コロナウィルス感染症」等の対応につきまして、感染拡大防止の観点から、皆様におかれましても、活動の実施にあたり、十分にご注意をいただきますようお願いいたします。
 
 特に、厚生労働省より運営上留意すべき事項等について示されており、注意事項について、まとめましたので、ご確認いただきますようお知らせいたします。また、
埼玉県ホームページ内の“「子供の居場所(子ども食堂、学習の場、遊びの場)」について”にも掲載されていますので、随時ご確認をお願いいたします。
なお、以下の内容について、利用される方への周知も併せてお願いいたします。

1.運営スタッフについて
・活動前に各自で体温を計測し、発熱(37.5度以上)が認められる場合には、活動に参加しないこととする。
・過去に発熱(37.5度以上)が認められた場合にあっては、解熱後24時間以上が経過し、呼吸器症状が改善傾向となるまでは同様の取扱いとする。

2.利用者について
・利用前に保護者もしくは本人が体温を計測し、発熱(37.5度以上)が認められる場合には、原則として利用をお断りすること。
・過去に発熱(37.5度以上)が認められた場合にあっては、解熱後24時間以上が経過し、呼吸器症状が改善傾向となるまでは同様の取扱いとする。
  
3.その他
感染症対策については、マスク着用を含む咳エチケットや手洗い、アルコール消毒等により感染経路を断つことが重要ですのでご留意ください。

活動にあたり、下記もご確認ください。
子ども食堂における衛生管理のポイント(厚生労働省より)

・注意喚起チラシ:新型コロナウイルスの集団感染を防ぐために(添付ファイル)
ページの
一番上へ