ボランティアセンターについて

ボランティアセンターとは

ボランティア活動を行いたい人と、ボランティアにお手伝いを希望する人をつなぐ調整役を担っています。
その他、ボランティアに関する情報発信や、ボランティア活動に関する相談・手続き、各団体との調整など、市民のみなさま誰もが、ボランティア活動に参加でき、“豊かな心で健やかに自分らしく暮らせる支えあいのまちづくり”を目指しています。

ボランティアに関する情報誌

演芸ボランティア情報(冊子)2021.4月更新版を発行しました。(PDF)

「演芸ボランティア情報」は、福祉関係施設やボランティアグループからの「イベントをする際、是非出演してもらいたい」というご要望にお応えして演芸ボランティアの情報を発信し、所沢市の市民活動・ボランティアの輪を広げることを目的としています。

「ボランティアセンターだより」は、「所沢社協だより『ちゃお!』」の「こんにちは!ボランティアセンターです★」に統合されました。

「所沢社協だより『ちゃお!』」のバックナンバーを見る

ボランティア保険

新型コロナウイルス感染症に関するボランティア保険のお知らせ

1.ボランティア活動保険

ボランティア活動保険における新型コロナウィルスの取り扱いが改定されました。

ボランティア活動保険の特定感染症に指定感染症(新型コロナウイルス)を追加し、補償の対象になりました。(2月1日に遡及して補償されます)

2.ボランティア行事用保険

「ボランティア行事用保険」では、「新型コロナウイルス感染症」は、補償対象外となります。

行事開催を中止した場合は、開催予定日の前日までに手続きを申請されれば、保険料が返戻されます。まずは、本会ボランティアセンターにご連絡ください。

3.福祉サービス総合補償

オプション「感染症の補償」については、「新型コロナウイルス感染による肺炎」は補償の対象となります。「基本補償」では、「新型コロナウイルス感染症」は、補償されません。

よくあるご質問 Q&A

Q1. 新型コロナウイルス感染症を発病した場合の補償の可否判断は?

A1.新型コロナウイルス感染症を発病したかの判断は、医師の診断により、また、医療機関の診断や保健所等の判断、クラスター発生状況や陽性者との濃厚接触の状況等に基づき、判断されます。

Q2. 新型コロナウイルスに感染しても軽症や無症状の場合の補償は?

A2.PCR検査等によって陽性と判断された場合、「発病」として取扱い、軽症や無症状の場合でも補償されます。

Q3. 軽症者や無症状者がホテル等の臨時施設や自宅で療養する場合の補償は?

A3.新型コロナウイルスを発病し、医師の指示に基づき臨時施設や自宅等で療養する場合は「入院」とみなして補償されます。

Q4. 後遺障害が発生した場合の補償は?

A4.医師が作成する後遺障害診断書に基づき、補償します。

Q5. 保険加入後、すぐに補償されますか?

A5.保険責任開始日からその日を含めて10日以内(不担保期間)に発病した場合は補償の対象となりません。あらかじめ活動の予定がある場合は、早めの保険加入をお勧めします。

Q6. こども食堂に適した保険はありますか?

A6.ボランティア行事用保険AプランまたはCプランが適しています。
①会場内の参加者(利用者、主催者全員)のケガを補償
②食中毒を発生させてしまった場合等の主催者の賠償責任を補償。
・Aプランの特徴…参加者(利用者、主催者側全員)の名簿の備付が必要。
会場までの往復途上の参加者のケガも補償します。
・Cプランの特徴…名簿の備付が不要。

会場までの往復途上の参加者のケガは補償しません。

Q7. 新型コロナウイルス感染防止対策で“会場で食事等を摂らず持ち帰る方式”に変更しましたが、ボランティア行事用保険の補償の対象となりますか?

A7.会場で起こる事故が保障の対象となります。(A6.の①よび②の補償) Aプランでは名簿に記載されている参加者の、会場までの往復途上のケガの補償も対象となりますが、Cプランでは会場までの往復途上のケガの補償は対象となりません。

Q8. 新型コロナウイルス感染防止対策で“訪問して食事等を届ける方式”に変更しましたが、補償の対象となりますか?

A8.配食方式は行事に該当しないため加入の対象となりません。
   ※配食方式の活動を行う団体にはボランティア活動保険(無償の場合)や福祉サービス総合補償(有償・無償問わず)が適しています。

  • 上記の内容は全て、全国社会福祉協議会が団体契約者となり、代理店:(株)福祉保険サービス、幹事会社:損害保険ジャパン日本興亜損害(株)が取り扱う保険です。
    ボランティア保険について詳しくはふくしの保険ホームページをご覧ください。

● 新規加入の流れ(前年度に、加入の実績がない団体・個人の方)

ボランティア活動保険はボランティア活動を行う2日前まで(土日祝日を除く)に、本会で手続きを完了すれば間に合います。

  • ①まちづくりセンターに設置されている加入申込書と振込用紙に必要事項を記入
  • ②記入した振込用紙で保険料を振込(郵便局から手数料無料)
  • ③加入申込書と振込控えをボランティアセンター窓口に直接に提出(平日8:30~17:15)新型コロナウイルス感染拡大防止のため、ご提出は、できるだけ郵送でお願いします。
保険加入申込窓口(書類提出先)

所沢市社会福祉協議会 地域福祉推進課/ボランティアセンター
所沢市泉町1861-1 所沢市こどもの福祉の未来館 3階

連絡先:
電話:04-2925-0041
FAX:04-2925-3419
E-mail:
0041m@toko-shakyo.or.jp
↑数字でゼロゼロヨンイチ
地域福祉推進課
所在地:
〒359-1112 所沢市泉町1861-1
連絡先:
電話 04-2925-0041
FAX 04-2925-3419
E-mail:
0041m@toko-shakyo.or.jp
業務時間:
月曜日から金曜日まで(祝日及び12月29日~1月3日を除く)
午前8時30分~午後5時15分
ボランティア情報をお届けするメール配信サービス。登録はこちらからどうぞ
youtube開設しました
ページの
一番上へ