所沢社協が推進する住民主体の地域福祉活動を象徴したシンボルマーク 社会福祉法人 所沢市社会福祉協議会 市民が参加し 豊かな心で健やかに 自分らしく暮らせる 支えあいのまちづくり
 
苦情相談 災害時メールアドレス お問い合わせ 文字を大きくするには?
社会福祉協議会とは?
活動内容
情報紙「ちゃお!」
社協会員募集
窓口案内
ご寄付
共同募金
災害ボランティア
所沢市社会福祉協議会
社会福祉法人
所沢市社会福祉協議会
〒359-1143
所沢市宮本町1-1-2
(旧市庁舎内)
交通案内・地図
Adobe Acrobat
このサイトのコンテンツにはPDF形式で提供しているものがあり、ご覧いただくにはAdobe Readerが必要です。
TOP > 災害ボランティア > 2 災害ボランティア活動の実際
災害ボランティア
災害ボランティア活動
2 災害ボランティア活動の実際
災害ボランティア活動には大きな期待が寄せられますが、一方で、ボランティア活動が被災地の人々や他のボランティアの負担や迷惑にならないよう、ボランティア一人ひとりが自分自身の行動と安全に責任を持つ必要があります。
(1) 東日本大震災 宮城県山元町災害ボランティアバスパック
所沢市社会福祉協議会では、東日本大震災で大きな被害を受けた地域を支援するため、市民に呼びかけて、災害ボランティアバスパックを実施しました。(平成23年6月:全4回・約100名参加)
≪第1回バスパックの様子≫
1)受付〜 旧庁舎出発〜 山元町到着
宮城県山元町災害ボランティア 第1回バスパック 受付準備
  • 随行職員は21時集合し、受付等準備。
  • 21時30分以降、順次受付(参加費・保険料領収、資料配布など)。
  • 22時からオリエンテーション実施(日程、班分けなど)。
  • 22時20分乗車開始、点呼後、22時30分出発。
  • 関越自動車道・所沢IC、外環自動車道、東北自動車道・ 白石ICを経由し、現地に4時20分到着した。途中、上河内SA、安達太良SAで各30分休憩した。
2)活動準備〜 災害ボランティアセンター受付〜 活動先へ移動
宮城県山元町災害ボランティア 第1回バスパック 活動先へ移動
  • 現地の天候は曇り。7時30分まで各自仮眠。適時、朝食、トイレ、身支度を整える。
  • 8時、災害ボランティアセンター受付開始。所沢から到着した旨を伝え、所沢市から提供されたウエットティッシュ、お茶パックを寄贈した。
  • 8時20分、バス内で現地スタッフから活動内容についてオリエンテーションを受ける。その後、車外で随行職員及び各班班長がより細かいオリエンテーションを受ける。活動先は、前回の活動場所に程近い地区、内容は、側溝の土砂かき出しとなる。
  • 8時40分、活動先へバスで移動開始。到着後、備品を積み下ろす。各自、水分補給用のペットボトルを携帯する。
3)活動先到着〜 活動開始〜 活動終了〜 災害ボランティアセンターへ移動
宮城県山元町災害ボランティア 第1回バスパック 活動開始
宮城県山元町災害ボランティア 第1回バスパック 活動開始
  • 9時、現地スタッフから具体的な説明を受け、側溝の蓋を開け、土砂かき出し、土嚢袋に詰め、集積場所に運ぶ活動となることを確認する。随行職員が指示を行い、活動を開始する。その後、随行職員1名は、現地スタッフと共に世帯訪問し、トイレ、水道の協力依頼を行う。2世帯から協力を取り付け、協力世帯を各班長へ伝達する。今回はグループに分かれる必要のない内容であったためひとまとまりとなって活動を行った。また、随行職員が随時現地スタッフと連絡調整しながら活動を進める必要がなかったので、職員もボランティアと一緒に活動を行った。なお、午前は雨の中の活動となった。
  • 12時、バスに戻り、昼食休憩となる。
  • 13時、活動再開。雨が止み、一転して暑い日差しの中での活動となる。
  • 14時30分、活動終了しバスに戻る。備品を積み込み、乗車。
4)災害ボランティアセンター到着〜 山元町出発〜 旧庁舎到着・解散
  • 15時、センター到着。各自身支度、トイレを済ませ、乗車。15時40分出発。
  • 東北自動車道・白石IC、外環自動車道、関越自動車道・所沢ICを経由し、旧庁舎に21時15分到着した。途中、安達太良SA、佐野SAで休憩。
  • バスから降車し、備品を積み下ろす。旧庁舎ロビーに集合し、事務連絡後、解散となる。
(2) 新潟県大雪災害 湯沢町除雪ボランティアバスパック
所沢市社会福祉協議会では、豪雪で大きな被害を受けた新潟県を支援するため埼玉県社会福祉協議会が実施したボランティアバスパックの運営を支援しました。
≪バスパックの様子≫
1)出発〜 湯沢町到着
  • バスは大宮駅6:15分、川越駅7:00分と2ケ所経由して目的地へ。
  • 車内でボランティア活動保険の受付、自己紹介を行う。
  • 当日悪天候の為、湯沢インターから先が通行止めとなり、高速道路を走行していた車両は湯沢インターで降りなければいけないため、大渋滞が発生。
2)オリエンテーション
  • 広い体育館に参加者、現地ボランティアが一堂に集められ、湯沢町社協事務局長より、挨拶や午後の流れ、作業のグループ分け、リーダーとの顔合わせを行う。
新潟県大雪災害 湯沢町除雪ボランティアバスパック 新潟県大雪災害 湯沢町除雪ボランティアバスパック新潟県大雪災害 湯沢町除雪ボランティアバスパック  
3)活動先到着〜 活動開始〜 活動終了〜 災害ボランティアセンターへ移動
  • バスパック参加者は2グループに分かれ、現地まで徒歩で移動する。
  • 作業内容は、要援護者の自宅周辺の除雪。
  • 1件目で1時間30分作業。2件目で1時間おこなう。
新潟県大雪災害 湯沢町除雪ボランティアバスパック 新潟県大雪災害 湯沢町除雪ボランティアバスパック 新潟県大雪災害 湯沢町除雪ボランティアバスパック
4)災害ボランティアセンター到着〜 山元町出発〜 旧庁舎到着・解散
  • 15時40分、センター到着。各自身支度、トイレを済ませ、乗車。16時00分出発。
  • 参加者の意向もあり、当初予定通り健康ランドでの入浴。
  • 17時00分現地出発。
このページのご利用について お問い合わせ ページトップ