所沢社協トピックス

各地で「街頭募金活動」が行われています。

10月1日から『赤い羽根共同募金運動』が始まりました。所沢市でも、たくさんのボランティアグループや学生さんが、コロナ禍の中、感染予防対策を講じた街頭募金活動を実施されています。皆様のご協力に感謝申し上げます。また、街中で、街頭募金活動をされている方々を見かけた際は、ぜひ、ご協力ください。⇧ 三ケ島地区地域福祉部会のみなさん⇧ 秋草学園福祉教育専門学校のみなさん⇧ ⇩ お手製の「ボード」を使って呼びかけをされていました。全文を見る>>

記事一覧

コミュニティソーシャルワーカー(CSW)の取組

フードパントリーを実施しています

新型コロナウイルス感染拡大により、こども食堂の運営も三密を避けるために、お弁当や食品をお渡しする形式(フードパントリー)に変更して、様々な団体が活動を継続しています。こども食堂は、食の提供だけでなく、個々のこども達が地域とつながるとても大切な場所です。本会では「笑顔でごはんフードパントリー事業」として、市内のこども食堂等を実施する団体と連携し、お弁当や食品を提供することで、コロナ禍でもこども達が地域とのつながりを切らさないよう支援しています。※フードパントリーはひとり親や様々な理由で支援が必要な世帯に、食料を無料で配布するための地域の拠点です。全文を見る>>

記事一覧