「災害ボランティアセンター実地訓練」を実施しました

1月18日(土) 所沢市こどもと福祉の未来館・体育館にて「災害ボランティアセンター実地訓練」を実施しました。
この「災害ボランティアセンター」は、市内で大規模災害が発生した際、所沢市地域防災計画に基づき社協が設置するもので、毎年1回、実地訓練を行なっています。

当日は、53名の参加のもと、平成27年の関東・東北豪雨災害で甚大な被害を負った常総市にて「災害ボランティアセンター」のセンター長を務めた滝本氏を講師に迎え、「災害ボランティアの受付」「被災者からの支援依頼受付」「災害ボランティアと被災者とのマッチング作業」等の演習訓練を行ないました。

所沢社協では、今後も大規模災害に備えて、訓練の実施や関係機関との連携強化を進めていきます。
↓ ボランティア活動希望者(災害ボランティア)の受付をします。
↓ 被災された方からの支援依頼を受付けます。
↓ 被災された方からの依頼と災害ボランティアをマッチングし、活動内容の説明をします。
↓ 講師の滝本氏から、より効率的に作業が進められるよう、たくさんのアドバイスをいただきました。
ページの
一番上へ