ふくし学習の取り組み

現在、所沢市社会福祉協議会ではコロナウイルスの感染防止対策を講じながら市内小中学校のふくしの学習に取り組んでいます。
先日、吾妻地区にある北秋津小学校の4年生の授業として「地域を支える人々」というテーマで民生委員・子ども食堂・スクールガードの方々に活動の話をしていただきました。
子どもたちからは「自分の住む地域にそんな活動があったり、活動している人がいることをはじめて知った」などの声があがり、ふくし学習で学ぶ「ふだんの・くらしの・しあわせ」について身近に学ぶ時間となりました。
ページの
一番上へ