フードパントリーを実施しています

新型コロナウイルス感染拡大により、こども食堂の運営も三密を避けるために、お弁当や食品をお渡しする形式(フードパントリー)に変更して、様々な団体が活動を継続しています。こども食堂は、食の提供だけでなく、個々のこども達が地域とつながるとても大切な場所です。本会では「笑顔でごはんフードパントリー事業」として、市内のこども食堂等を実施する団体と連携し、お弁当や食品を提供することで、コロナ禍でもこども達が地域とのつながりを切らさないよう支援しています。

※フードパントリーはひとり親や様々な理由で支援が必要な世帯に、食料を無料で配布するための地域の拠点です。
ページの
一番上へ