こども食堂が再開しました

 新型コロナウイルス感染症の影響により、こども食堂等の活動は、食品を配布する「フードパントリー」に活動内容を変更して継続していたり、休止を余儀なくされていたりする団体もあります。このような状況の中、少しずつですが、感染予防を行った上で、こども食堂を再開する団体が出てきました。
やはり、みんなで食べるご飯は楽しくて、おいしさも倍増している様子が、こども達の表情に現れていました。
このような「こどもの居場所」は、食事の提供や学習の支援、多世代交流によって、孤立や孤食を防止し、様々な人との交流をとおし、子どもたちが安心して過ごすことができる場所として、とても大切な場所になっています。
CSWは、「こどもの居場所」をはじめ、様々な地域の居場所づくりを応援しています。
ページの
一番上へ