吾妻地区でフードパントリーが立ち上がりました!

各地域で「フードパントリー」の輪が広がっています!

「フードパントリー」は、主な利用対象者を、ひとり親世帯など
「子育て中で食品支援が必要な家庭」とし、食の支援を通じて
顔の見える関係を築き、地域とつながるきっかけになる活動です。

吾妻地区の地域福祉サポーターが中心となり、民生委員や地域のボランティアの
協力のもと「とこパンあずま」を立ち上げ、必要な世帯へ食品配布を行いました。

CSWも連携し、必要な世帯へ情報提供を行い、フードパントリーにつなぎました。
これから、地域ぐるみで応援できるよう、様々な機関や団体と連携しながら
すすめていきたいと思っています。
衣類の寄付もありました
このほかにも、たくさんの食材を寄付いただき、配布できました
地元の畑でとれた野菜もいただきました
チラシはこちらからダウンロードできます↓
ページの
一番上へ